2018年1月8日の夜は久しぶりに投資で冷や汗ものを体験しました。

BINANCEの登録後の初注文で注文凍結のピンチ

BINANCEの登録後の初注文で注文凍結のピンチ
仮想通貨の取引所として世界でベスト10に入るくらいの取引量を扱っているとあって、安心して取引ができると思い、登録再開早々新規登録。
Coincheckでビットコインを買って、送金。
30分程度で入金がされたので、早速トロン(TRX)を注文。
指値にならないので、指値を修正しようと注文をいったんキャンセル。
これが運のつきで、残金は戻ったのに注文ができない状態に。挙句の果てに「注文凍結」ときたもんだ。
その間にトロンが急上昇を始める。
四苦八苦してどうにもならないのであきらめて問い合わせをかけた直後、ステータスを見ると注文成立しているではないですか。
対応してくれたのではなく、行ってこいで暴落が始まっていて指値にきたので注文が成立したようだ。
でも、注文取消しになってたよね?
預けておいて大丈夫なのだろうかと、トロンの値動きよりも取引所の方が心配というか不安だよ。

22時頃からビットコインがナイアガラをみせる

ビットコインのナイアガラ
22時頃よりビットコインが急落を始めました。
それにつられるように、仮想通貨のほとんどの銘柄で綺麗な下降をみせました。
30分ほど急下降した後は少しづつ持ち直してきましたが、久々に味わうナイアガラにちょっと冷や冷やしました。
仮想通貨はガチホすると決めているので、少しばかり買いこそしましたが、売らずにホールドです。
後はリップルが250円まで下げることがあったときくらいで、それ以外はもう買うのやめようと肝に銘じました。
今回ナイアガラと大袈裟に言っていますが、仮想通貨では20~30%の価格変動は珍しくないので、実際にはそれほど焦っていません。
むしろ注文凍結の方をどうしたもんかと焦っていました。

それから、初心者の方には海外取引所よりも安心の国内取引所をおすすめまします。
これ、体験からね(笑)